座長・発表者へのご案内

1.優秀賞選考のお知らせ

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021では、訪問リハビリテーションに関する学術活動の活性化、質の高い訪問リハビリテーションを還元することによる社会貢献を目的に、訪問リハビリテーションの発展と質の向上につながる優秀な学術発表に対して、以下のとおり賞を授与します。

優秀賞 2演題(調査研究1演題、実践報告1演題)
入 賞 4演題

 本大会では一般社団法人訪問リハビリテーション協会理事、理事推薦もしくは本大会事務局推薦の認定訪問療法士にて査読を行い、1演題につき2名の査読体制を取っています。また、賞の選考は、〆再彪覯未亡陲鼎一次審査により上位各3演題ずつ(調査研究3題、実践報告3題)を選出 ∩出された6演題は、現地で開催される大会初日[2021年5月22日(土)9:50〜11:10]のノミネートセッションで発表いただき、選考委員会によって審査され、各賞が決定。B膕顳夏目[2021年5月23日(日)10:20〜10:30]の表彰式で表彰を受け、優秀賞の2演者においてはその後のインタビューセッション[2021年5月23日(日)10:30〜11:00]でインタビューに対応いただきます。
なお、昨年の第14回大会では、下記の皆様が受賞されました。謹んでお祝い申し上げます。

◆ 第14 回 日本訪問リハビリテーション協会学術大会inにいがた 受賞者
【最優秀賞】
室田 由美子 氏(東京リハビリ訪問看護ステーション)
「訪問療法士のOn the Job Trainingにおける到達目標の作成」

【優秀賞】
上木 祐介 氏(らふえる訪問看護ステーション)
「社会参加のきっかけに認知症カフェを活用した事例
−強みを活かし「講師」としての役割獲得へ−」

【奨励賞】
寺原 由佳里 氏(医療法人財団はるたか会 あおぞら診療所新松戸)
「みーちゃんの大冒険!!〜人工呼吸器があっても動きたい!遊びたい!!」


2.座長の方ヘ

発表形式 講演 シンポジウム 口述
(一般)
口述
(フレッシャー)
口述
(ノミネート)
ポスター発表
座長 あり あり なし なし あり なし
※「口述発表(一般)」、「口述発表(フレッシャー)」、「ポスター発表」については、動画データ(MP4)での発表となっておりますので座長はおりません。ご了承ください
◇講演・シンポジウムおよび口述発表の座長の方へ
・ご担当セッションの開始15分前までに、会場内右前方の「次座長席」までお越しいただき、進行係にお声かけください。
・セッションの進行は、座長一任とさせていただきます。

3.発表時間について

【会場(現地)での発表】
◇講師・シンポジスト
事前に事務局よりご案内させていただいた発表時間および質疑時間で、お願いいたします。
◇口述発表(ノミネート)の演者
※ノミネートセッションにつきましては、現地会場においてビデオ会議システムを利用した口述発表となります。
・発表7分、質疑5分の計12分です。
・発表終了1分前に黄色のランプ、終了時に赤ランプでお知らせします。
【WEBでの発表】
◇口述発表(一般)の演者
・動画データ(MP4)での発表となり、発表時間は7分です。
◇口述発表(フレッシャー)の演者
・動画データ(MP4)での発表となり、発表時間は7分です。
◇ポスター発表の演者
・スライド10〜12枚をPDFファイル提出。

4.質疑応答について

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021では、「口述発表(一般)」、「口述発表(フレッシャー)」、「ポスター発表」ともにWEB発表となります。質疑応答につきましては、WEB開催期間中の2021年6月1日(火)から6月30日(水)までの1ヶ月間に、指定の書式にてご質問を当大会でお受けいたします。頂いた質問事項は、7月1日(木)から7月31日(金)までの1ヶ月間で取りまとめ、演者に応答を依頼いたします。なお質疑応答の内容は、8月中旬頃までを目安に日本訪問リハビリテーション協会ホームページ上に掲載させていただきます。
※原則、質疑応答は1回に限らせていただきます。ただし、演者が2回以上の質疑応答をご容認された場合は、個々での対応を調整致します。
※質問の受付方法等の詳細は、後日、本ホームページ上でお知らせいたします。

5.演者・講師・シンポジストの方ヘ

◇発表データ受付
日 程  5月22日(土)9:00〜18:00/5月23日(日)9:00〜14:00
場 所  第2会場(小ホール)2階ロビー
※講演・発表の60分前までにPC受付にお越しください。
※演者用のリボンをお渡しするので胸などにお付けください。

6.口述発表の演者の方へ

口述発表データ作成方法について
・発表データは、PCプレゼンテーションMS WindowsソフトウェアPowerPoint2010以降の録画機能(ナレーション機能)を使用し、動画データ(MP4)を作成してください。作成方法につきましては、【口述発表データ作成方法(PPT録画から、MP4データをつくる)】を参考に作成をお願い致します。
・フォントは、文字化けを防ぐため下記のフォントで作成してください。
日本語:MSゴシック、MS Pゴシック、MS明朝、MS P明朝
英 語:Arial、Century、Times
・利益相反(COI)の申告について演題発表に関連し発表者(演者)と共同演者の利益相反の開示をお願いします。日本訪問リハビリテーション協会のホームページに掲載されております、「利益相反の開示に関する基準」http://www.houmonreha.org/mypage/rieki/をご確認いただき、利益相反の申告をお願いいたします。書式に関しては当学会ホームページの演題登録の『掘ケ募上の注意点』を参考にしてください。口述発表は、発表スライドの2 枚目に掲示してください。
口述発表データ提出について
・発表データは、ファイヤーストレージ【発表動画データの学術局への送信(アップデート)方法参照】を使用し、
大会学術局【houmonreha18endai@gmail.com】まで提出をお願い致します。提出期間は2021年4月初旬から中旬を予定しております。詳しい日程につきましては、採択通知に記載させていただきます。
・WEB開催期間終了後、お預かりしたデータは、学術大会運営事務局が責任を持って消去します。

7.ポスター発表の演者の方ヘ

◇ポスター作成方法について
 発表はe-ポスター形式での発表となります。ポスターは【ポスターテンプレート18HRK】を使用し作成してください。PowerPointはバージョン2010以降をご使用ください。スライドをテンプレートに張り付ける場合は、スライド枚数12枚を限度に作成をお願い致します。作成方法につきましては、【ポスター発表データ作成方法】を参考に作成をお願い致します。
・利益相反(COI)の申告について演題発表に関連し発表者(演者)と共同演者の利益相反の開示をお願いします。日本訪問リハビリテーション協会のHPに掲載されております、「利益相反の開示に関する基準」http://www.houmonreha.org/mypage/rieki/をご確認いただき、利益相反の申告をお願いいたします。
書式に関しては当学会ホームページの演題登録の『掘ケ募上の注意点』を参考にしてください。
◇ポスター発表データ提出について
・発表データは、PDFファイルに変換し提出をお願い致します。PDFファイル作成方法については、【ポスター発表データ作成方法】をご参照ください。
・発表データは、採択通知後、大会学術局【houmonreha18endai@gmail.com】まで提出をお願い致します。提出期間は2021年4月初旬から中旬を予定しております。詳しい日程につきましては、採択通知に記載させていただきます。
・WEB開催期間終了後、お預かりしたデータは、学術大会運営事務局が責任を持って消去します。

本学術大会に関するお問い合わせ先

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021 大会事務局
E-mail:houmon-reha18kochi@chikamori.com
※お問い合わせは、お手数ですが、E-mailのみにて受付させていただきます。