HOME > 研修・大会案内 >コミュニケーション力の活用

研修・大会案内詳細情報

コミュニケーション力の活用

開催月日
2023年11月25日(土)
開催時間
09:00 〜 12:40
時間備考
半日研修
会場
オンラインZOOM
主催
一社)日本訪問リハビリテーション協会
内容
【こんな想いしていませんか?】
  訪問リハにおいて、利用者の社会参加や役割の拡大を目指すときに、利用者の想いを引き出すことが必要になります。
「いまの生活について」「これからの生き方について」などを聞きとる必要があると思います。
 しかし、臨床の中で聞きとることはそれほど簡単なことではなりません。
利用者のいまの想いを引き出すにはどうしたらいいのでしょうか?
 以前とは同じでない状態で「何がしたのか?」「どのように生きていったらいいか?」が分からないのは、ある意味普通のことだと思います。訪問リハでは、利用者が望む生活を引き出し、目標を一緒に考えるアプローチが必要です。
その際に私たちに必要なスキルとして「コミュニケーション」があげられると思います。

【そこで、今回の研修会では!】
 訪問リハで機能リハをすることは当然必要ですが、生活期リハで、どんな人生・生活をしていくのかを考える時期でもあります。
その時に、訪問リハ療法士は利用者の意思決定の支援も役割の一つです。
どんな関係性、関り、会話やアプローチが当事者にとって意味があることなのかを参加者の皆さんと考え、共有したいと思います。
利用者と信頼関係を持つには、コミュニケーションはかかせません。
コミュニケーションは、利用者のニーズの聴取するだけでなく、ライフスタイル・生き方における価値観をはじめとした個人因子や環境因子の情報を把握するための大切なスキルです。この研修は臨床に活かすコミュニケーションの方法や考察を確認する研修会です。

当事者の新井さんからは、療法士からの関りでよかったことやもっとこうしてもらいたという意見などを頂く予定です。

【この研修を受講することで・・・】
訪問リハビリテーションに必要とされる、surveyや目標設定に必要なコミュニケーションのポイントを理解することで、利用者の今後生活への支援・役割や活動の動機付けに繋げる知識を学び、明日からの訪問リハビリステーションでの実践に活かせます。ZOOMでの開催のため、自宅で学ぶことが出来ます。
大会事務局
申し込み〆切:令和5年11月13日(月)
対象
会員・非会員に限らず、どなたでも参加できます
定員
40名
参加費
会員:3,000円  非会員:5,000円
pagetop
参加申し込みは締め切りました。
pagetop

スケジュール

第1日目
2023年11月25日(土)
09:00〜09:05
開会の挨拶
オリエンテーション
09:05〜09:50
 講義 Д法璽困魄き出すためのコミュニケーション力について(40分)
質疑応答:(10分)

     日本訪問リハビリテーション協会理事
     株式会社ジェネラス
     訪問看護ステーションほたるみどり 村瀬 文康氏
09:50〜11:10
 講義◆当事者体験
質疑応答:(10分)

     新井 一央氏
     株式会社ジェネラス
     訪問看護ステーションほたるみどり 村瀬 文康氏
11:10〜11:15
休憩
11:15〜12:40
グループワーク:(75分)
   質疑応答:(10分)
グループワークテーマ
〕用者の気持ちを聞き取るためのCOMで大切な事は?
⇒用者の心を動かすためのCOMで大切な事は?



     進行:札幌宮の沢脳神経外科病院 山下 奉位氏
   ファシリテータ―:訪問看護ステーションほたるみどり 村瀬文康氏 
        時計台記念病院 斉藤 弘匡氏
12:40〜12:45
閉会の挨拶
 
 
pagetop

更新情報

 
 

更新情報最新5件表示=>更新情報一覧表示

pagetop